ハトムギと太陽食品

ハトムギの歴史それは「太陽食品」の歴史と言ってもいいかもしれません。
私たちとハトムギとの出会い
40数年前の日本は、インスタント食品の発展によって添加物や着色料を使用し、我々の食生活に大きな変化をもたらし始めました。

太陽食品の創業者はこの食生活の変化に警笛をならし、「食は病気を癒し、予防する」との考えのもと、より安全性が高い食品を広く世界から探し求めました。

そして長い歴史の中から伝えられ使いつづけられている”ハトムギ”と出会い、約半世紀にわたって、日本における普及に力を注ぐ決心をしました。


ハトムギへのこだわり、最高の商品は最高の産地から
当時のハトムギは日本ではごく一部の人に知られておりましまが、日本国内では生産量が少なく、安定した品質の商品を得ることが難しい状況でした。

そこで創業者は広く海外に目を向け、ようやくタイにおいて最高品質の”ハトムギ”と出会うことができました。”ハトムギ”を通じて健康的な生活をお届けする太陽食品の歴史の始まりです。

今日では太陽食品はさらなる消費者のニーズにお応えするため、現地で学んだ栽培技術を応用して日本国内での有機栽培への取組も開始しております。

ページのトップへ