フルーツ酵素

  イメージ  
フルーツ酵素
  アケビ、イチゴ、ブドウ、ビワ、メロン、バナナ、パパイヤ、パイナップル、その他40種類以上の果実を、糖の浸透圧を利用して、フルーツ酵素を抽出し、2年間発酵熟成させたものを使用しています。  
図表
スクロースは漬け込み時期の新しいものほど多く、グルコース、フルクトースは漬け込み時期の古いものほど多かった。果実液の酵母によって分解されたものと考えられる。
(品質管理部)
2年間じっくりと  
太陽食品のフルーツ酵素は、約40年間受け継がれてきた製造方法により、四季折々の果物約40種類を原料にして、かめの中で約2年間じっくりと発酵・熟成させてつくられています。  
   
ページのトップへ